アクセス解析-アクセス解析-

水樹奈々 Memorial Project 〜アカイキオク〜

2007/2/10〜2007/2/11 配布準備

リウム 約5000本 到着 リウム約5000本と対面 袋を開封…これから… チラシとリウムを詰め みんなで一斉に梱包中 詰めて、詰めて、半分 詰め終了。凄い量です -12日にみんなで配布-

今回はヤフーショッピングのフェスティバルプラザさんでルミカライトをまとめて購入いたしました。

購入段階で、ルミカ社にある赤サイリウムの在庫がなくなって海外に受注したりとか、リウムの値段が途中で値上がりするといったようなハプニングも起きたりしました。

配布物の袋詰め作業は小田急線沿いの企画者の友人宅で行わせて貰うことに。

到着したサイリウムはダンボール11箱分にもなりました。作業自体はクリスタルパックの中にチラシとサイリウムをいれて閉じるといった単純なものでしたが、やはり数が多いこともあって、8人で9時間もかけてパッキングしました。

最終的に、ダンボール19箱分にもなり、友人宅にはダンボールの山が…

準備段階で一番苦労したことは、チラシと袋のサイズが予想以上にぴったりしすぎていた事でした。そのためかなり袋が張ってしまったのでかさばってしまいました(*'-')

▲ 上にもどる ▲

2007/2/12 配布レポート -午前-

みんなで会場に搬入中 -01- みんなで会場に搬入中 -02- みんなで会場に搬入中 -03- みんなで会場に搬入中 -04- みんなで会場に搬入中 -05- みんなで会場に搬入中 -06- みんなで配布準備 -01- みんなで配布準備 -02- みんなで配布準備 -03- みんなで配布準備 -04- みんなで配布準備 -05- みんなで配布開始 -01-

延べ5325本。ダンボールにして19箱。前日(横浜アリーナ近くの有志の方に数箱保管していただきました)と当日の2回に分けての運搬いたしました。車に積めなかった分は素手とカートを使い、9箱ほど電車で運びました。

横浜アリーナに9:30ごろ到着し、道路を跨ぐ遊歩道の階段下に落ち着きました。mixiのコミュニティで募った有志が集い、ここで企画者から挨拶と説明を。配布は主に2回に分け、物販待機列と普通入場者への考慮といった旨説明し、配布方法を企画者が実践してそれに基づいてやっていただくようお願いいたしました。

予定通り10:00ごろから配布を開始しました。まずは物販待機列に向けての配布を。悪戦苦闘しながらも慣れてくれば並んでる方々に渡すのにそう時間はかかりませんでした。物販組の最後尾まで配ったところで、駅から来る方に配れるように横浜アリーナへ迷わず来れるようになっている歩道橋の階段下にて有志数名と企画者で配布を開始。

こちらもまだ早い時間だったため、大勢のライブ参加者の方がいらっしゃる前に配布馴れができ、次第に声も出せるようになってきたのが後々役立ってきます。 ここで嬉しい事に予想以上に有志の方が集まってくださったため、一時2班に別れる事に。 なにかあった時に対処しやすいように、配布本部には企画者Mageと数名の有志の方、それに最低限必要な配布サイリウムが入っているダンボール箱が、移動先の待機本部には企画者たまと残りの有志の方とダンボール箱がそれぞれ待機し、随時連絡しあいながらそのスタイルを維持しつつ配布。 午前で配布班を抜ける方はきりの良い時間を見つけて、心よりの御礼を言って抜けていただきました。

▲ 上にもどる ▲

2007/2/12 配布レポート -午後-

午後分の配布準備 午後分の配布中01 午後分の配布中02 午後分の配布中03 午後分の配布中04 午後分の配布中05 午後分の配布中06

午後になると予想通り来場してくる方も多くなりましたが、午前中で配布に対しての慣れは出来ていたのでスムーズに配布できていたと思います。 午後から合流してくださる方は待機本部にご案内させていただいておりましたが、来場者数の増加に伴い途中から配布本部にて一緒にサイリウムを配布していただきました。

午前組から引き続き午後組として配布をしてくださった方は配布の手際も良く、午後からの方もすぐに配布慣れしてくださったのでスムーズな配布が出来たのではないでしょうか。

また「水樹奈々 Memorial Project 〜アカイキオク〜、ご協力お願いします!」と声を出し、一人がそれを言えば続いて他の誰かが「宜しくお願いします!」と、それに続いてまた他の誰かが…と配布班全員でまるで山彦のように声を出しての宣伝もさせていただきました。 入場者待機列を形成し始めたのがおよそ14:30。 ここで待機本部の方全員と合流し、入場者待機列に対してのサイリウムの配布とライブ終了後のゴミの回収・集合についてを説明し、いよいよ待機列に向けての配布を開始。

数人で1グループを作り、配布が終了したグループから配布本部にきていただき、ゴミ袋を渡してからその場は解散という流れでした。 皆さんのご協力のほどもあり、まもなく配布が終了。 あとから「赤いサイリウムの配布は終わってしまいましたか?」と尋ねてきてくださった方もいらっしゃいました。 申し訳ございませんでした。

それと午前・午後と共通して言える事なのですが、お渡ししようとした時に「持ってきていますよ」「配布頑張ってください!」「インターネットで見ました!」などの嬉しいお声もかけていただき、その度に頑張ろうという気持ちになれました。

また、当日のサイリウムのカンパ数が予想以上に多かったのも嬉しい申し出でした。

さらに当日はその場で意見を出し合いその問題に対して全員で知恵を絞ったので、不測の事態にも備える事ができ、大きな混乱もなく実際に不測の事態も起きずに臨機応変に行動できていたと思われます。

改めて有志の方々、ありがとうございました!

そしてお疲れ様でした!

▲ 上にもどる ▲

収支報告

リウムによりカンパ表

項目 内訳 本数 備考
リウム 赤リウム 100本 企画者事前準備分
赤リウム 300本 香港・台湾からの参加者の皆様より
赤リウム 200本〜250本 現在確認中です。*1

※1 企画者が当日把握できなかったので申し出いただけると助かります。

お金によりカンパ収支表

他の雑費やカンパで足りなかった分は企画者持ちとなっております。

項目 内訳 金額 備考
収入 カンパ代 ¥490,000 75名様より
リウム代 赤リウム
(25本*160=4,000本)
¥356,960 領収書-1-
赤リウム
(25本*40=1,000本)
¥94,520 領収書-2-
赤リウム
(25本*9=225本)*2
¥17,027 領収書-3-
紙代 ピンクA4用紙
(500枚*6=3000枚)*3
¥5,940 領収書-4-
クリスタル 配布時にリウムを入れた袋
(5800枚)
¥12,925 領収書-5-
¥3,078 領収書-6-
¥990 領収書-7-
¥990 領収書-8-

※2 配布本数がここで25本間違っていました。

※3 配布時は半分になってるので倍の数になります

▲ 上にもどる ▲

企画者2名のコメント

特設サイト【水樹奈々 Memorial Project 〜アカイキオク〜】を御覧頂きまことにありがとうございます。

自分の周りの人間と企画を立ち上げてみようとして約2ヶ月。このサイトとmixiという場を通じて様々な人々にこの企画を知ってもらい、賛同・協力していただけるように努力してまいりました。

結果、「成功」といっても良いものになったのではないかと思います。ありがとうございました。

【準備など】

日が経つにつれてこのサイトにリンクしてくださる方やカンパしてくださる方がどんどん増えていき、それを見て日々気を奮い立たせていました。

最終的にリンクは約300件・カンパは約100名・Googleやyahooでも検索上位に食い込むなどかなり宣伝的にはうまくいったほうなのではないかと思います。

いただいたカンパなどをもとに、皆様の意見を交えてサイリウムや配布用の紙といったものを購入いたしました。当初2500本いければいいかな?なんて思っていたのですが、蓋を開けてみれば約6000本のサイリウムを用意できました。中には香港や台湾などの海外の方からもご支援いただいたことは、水樹奈々さんのファンの規模の大きさを改めて実感させられた瞬間でした。

購入・袋詰め作業・運搬作業は四苦八苦しながら進めてきました。以前、配布などを行った方にアドバイスを仰ぎながらも、規模が規模なだけにかなり作業がどれも大掛かりになって個人でやるには結構厳しいものがありました。そんな中で、Mage君の存在や、自分の奈々仲間(特に自分が運営するサイトの仲間)は大きな支えと成りました。自分の家を提供してくれたり、運搬に車をだしてくれたり。みんなの協力があってこそ配布にこぎつけることが出来たと思います。

【当日】

朝から会場までの運搬が大変でしたが、奈々ファンや自分の友人のお力添えもあり無事に会場にサイリウムが到着しました。

実際に待機している人間をみて、こんな大人数にくばれるのか?とか思ったりもしましたが、配布協力者の方の協力によって約6000本配ることが出来ました。当日サイリウムをカンパしてくださったことも非常にうれしかったです。何より配布している最中に「頑張ってください」「赤リウムもってきてます!」などと声をかけてくださったことはじーんときました。

そして、当日の作業準備がうまく出来ていなかったことは反省でした。もうちょっと話しておけばよかったなーと思う点がいっぱいあってそこが悔やまれます。

【Live中】

スクリーンに映像が流れ始めて、来るな?!とおもったら案の定流れ始めたイントロ。床においてあったサイリウムを取り上げて前のセンター席・アリーナ席・スタンド席を見た瞬間、青い空間がなくなり、そして徐々に赤くなっていきました。満開に広がっていく赤でした。配った数約半分。なのに8-9割がアカイイロになっていました。

涙をこらえられませんでした。

次の曲がETERNAL BLAZEだったこともあり、青→赤→オレンジに変わっていく会場の眺めは壮観の一言でした。

【終了後】

協力者の方の会場清掃も問題なく終えられました。そこが一番の気がかりだったので非常に安心しました。自分を知ってくれてる人間が、会うたびに自分を抱きしめておめでとうといってくれたことは忘れられません。

最後に有志の皆で階段下に集まったとき、こんなにこの企画には色々な協力してくださったんだなぁと改めて実感しました。胴上げうれしかったです。

皆で「アカイキオク」作り上げることが出来ました。水樹奈々さんにもコメントをblogのほうでいただけました。

皆様、この企画にご協力・ご賛同ありがとうございました。

企画者:たま

先日のライブに参加された皆様、お疲れ様でした!

そしてご賛同くださった皆様、そしてご協力くださった方々、ありがとうございました(__)↓今回のこの企画、沢山の方々のご賛同やご協力がなければ成功はあり得ませんでした

本当にありがとうございました(__)↓

この企画を発案してから約2ヶ月

12月にSNSサイト「mixi」内にて発案し、様々な議論を繰り返してついにここまでやってきました。この企画、もう一人の企画者であるたまさんと二人でやってこなければ成功はあり得なかったと思います。

これだけの大きな企画を立ち上げ、運営してくには一人では処理できないほどの仕事だったと思います。その点私達は二人で協力し、何度も連絡を取り合い微調整を繰り返して「より良いもの」を、「よりスムーズ」にと議論をし合ってきました。片方が行き詰まればもう片方が助け、そしてもう片方が行き詰まれば片方が助けとお互い助け合って来れたと思っています。

当日会場で配布した数は(当日の赤リウム直接カンパを加えて)およそ6000本

会場の人数は約12000人

およそ半数分のサイリウムを午前中から有志の方々と協力して配布し、自分も前線で声を張り上げて宣伝したつもりですがうまく出来たかどうか…

結果的に赤リウム自体は、入場待機列形成後皆様のご協力によりまもなく配布終了しました。

あとから「赤いサイリウムの配布は終わってしまいましたか?」と来てくださった方、本当に申し訳ございませんでした(__)↓

半数分を配り「数で赤くごまかせるだろうか…?」と正直不安でしたが、ふたを開けてみると「Justice to Believe」のイントロの時点でおよそ半数が、(ネタバレになってしまいますが)奈々さんが出てきた時点ではほぼ会場全員が赤を振り、まさに「にじみ出るような赤」を表現できたのではないかと思います。奈々さん自身のBlogでも紹介され、発案・企画者としてとても嬉しく思うと同時に皆様のご賛同とご協力がなければ成功はあり得なかったと思います。

今でも「会場を染め上げよう」とは思っていません。あの会場は皆様が「会場を染めた」のだと思っています。

発案当初はこんなに大きい企画になるとは思いませんでした。しかし、ここまで大きくなったのはもう一人の企画者であるたまさんをはじめ、様々な方々のご協力によるもの、そして皆様のおかげだと思っております(__)↓

あらためてこの企画にご賛同・ご協力くださった方々、ありがとうございました(__)↓

この企画が皆様にとっての「アカイキオク」となっていれば幸いに思います。

そして奈々さんにとっての「アカイキオク」となっていれば光栄に思います。

さらにDVDに収録された際、会場全体の赤という「アカイキロク」となっていれば、行けなかったという方にも当日の空気を味わっていただけるのではないかと思っております。

まだまだ言い足りませんが、私のご挨拶はここまでとさせていただきます

もしこの企画に感化され、「自分たち○○ファンもやってみたい!」と思った方、どうか諦めないでください。長くなりましたが、皆様本当にお疲れ様でした!

企画者:Mage

▲ 上にもどる ▲

ご協力を頂きました有志の皆様のコメント

『アカイキオク』、大成功でしたね!自分はアリーナBから見てましたが、他の色やUOがちらほらいたものの、会場がほぼ一面に紅く染め上がったさまを見て感動でした!会場のファンにみんなに今企画の趣旨がちゃんと伝わったんだなぁ、と嬉しく思いました。奈々ちゃんにも、そんなファンの思いがしっかり届いたようですし、本当に大成功と言えますよね。

これも、たまさん、MAgeさんをはじめ、みなさんのご努力のおかげと思います。お疲れさまでした!ありがとうございました!

チラシイラスト/コミュイラスト担当:田賀 佐七さん


私は話自体はJustice to Believe発売時の辺りですでに聞いておりましたが、結果があのように大多数の賛同者の元に成功するとは全く思っておりませんでした。正直、半分まで行けば成功だと思っておりました。

しかし、さまざまな皆様の同意や、ファンサイトやブログでも取り上げて頂いていくうちに「これは大成功を収めるんじゃないか?」と思うようになりました。

あくる日、サイリュームを袋に詰める作業に参加することが出来まして、その時に実際に配るサイリュームを見ることになりました。愕然としました。あまりの数の多さに「これを本当に配り終えることは出来るのだろうか?」と心配になったものです。実際にその作業は半日近くかかる長丁場な作業になりましたしね。横浜アリーナへの運搬もかなり困りましたが、数々の皆様のご協力の元でなんとか運ぶことも出来ましたし。

当日の配布にはほとんど参加することが出来なかったのですが、ライブで実際にその結果を見ると「本当に行なってよかった」と思え、涙が止まりませんでした。あの光景はもう目に焼きついて離れません。

このような、とても素晴らしい結果にすることが出来たのは、企画したMageさんにたまさん、さらには数々のファンの方々が「奈々ちゃんにサプライズをしたい!」との思いから出来たのだと思っております。これこ本当の我々の「想い」なのかもしれませんねw

長くなりましたが、今回も企画を少しでもお手伝いが出来てよかったと思います。もしこの先も企画が立ち上がるのならば是非お手伝いをしたいと思っております。また、その際は是非とも最初から最後まで参加したいものですね。

水樹奈々応援団NANA FRET yuhさん


本当にお疲れ様でした感動して泣きましたよ…品川から新横浜まで新幹線つかって急いで合流しただけあった(笑)

最初はmixiの一つの書き込みにすぎなかったのに…本当奇跡です。奈々ちゃんの為にって、みんな想いを一つにして横浜アリーナを朱く染めたんだから…

顔も声も知らないネットでの関係は希薄なのかもだけど、けど、ネットすごいよ。想いを共にした仲間達が集結するんだから

配布してる時、受け取ってくれた方のあたたかいメッセージ。人ってまだまだ捨てたもんじゃないんだなって思いました。

本当この企画に携われたことを誇りに思います。

ありがとうございました。

月峰総一朗さん


サイリウムを配布してるときは、夢中で気が付かなかったけど、いざJtoBが会場に流れだすと会場はほぼ紅一色にw(・o・)w

自分達のやったことの大きさに改めて気付かされました(^O^)

配布時に、ライヴ参加者さんから「頑張ってください」とか言ってもらえるのが、すごく嬉しく励みになりました(^^)v

フリーターさん


配布中はとにかくたくさんの人にサイリウムを配らないとという気持ちで夢中でした。配ったけど本当にみんなやってくれるだろうか?サイリウムは足りるだろうか?などと色々心配もありましたがJtBが始まり会場が赤く染まったの見たときは本当に言葉も出ませんでした……

感動のあまり涙まで出そうになりました。

ライブ後にmixiのライブ感想版の書き込みで皆さんからお礼やお疲れさまというコメントを見て本当に参加してよかったと思います。

この企画に携われたことは本当に自分の中でかけがいのない思い出になりました。

本当にありがとうございます!!!

ZERO.Jさん


本当にお疲れ様でした!!"配っている時はただがむしゃらにと言う感じでしたが、『持参してきましたーw』や『mixiで見ましたーw』というコメントを頂けた時は、本当にネットって凄いなぁ。。!!と改めて思いました。

会場が赤に染まった時は周りを見渡しながら号泣してしまいました。

この企画のお手伝いが出来て本当に本当に良かったです!!!絶対に一生忘れません!!!"

本当にありがとうございました!!!!!!

デンパ(・Д・)さん


配布中、迷惑そうな顔でこっちを見てた方も多数いましたが(笑)、それ以上に「がんばってください!」とか温かい言葉をたくさんいただきました。

JtBが始まったときに一斉に赤く染まる会場。この中に、俺が渡したサイリウムを振ってくれた人がどれだけいるだろうと思うと涙が止まりませんでした。

ライブが終わってサイリウムを回収してた時、「お疲れ様!」とか「すごく感動したよ!」とか、いろんな言葉をかけていただきました。中には握手を求めてくれた方までいました。

たったひとつの書き込みから始まって、ネットという空間を通して志を同じくする仲間が集まって。あんな大企画を成功させて。人の力って本当にすごい。

僅かとは言えこの企画に携われたこと、これは俺の誇りです。

AkTさん


たまさん、Mageさん、そしてアカイキオクに携わったすべての皆様へお疲れ様でした。

横アリがJtoBのイントロで瞬時に真っ青からに真っ赤に変わった時には嬉しすぎて泣き崩れてしまって地面に崩れ落ちてしまうほどでした。自分の目に刻みたくてアリーナを何回も何回も見回しました。席がアリーナの最後尾だった為に周りがよく見えてとっても素敵でしたw

ライブ後のゴミ回収。

たまさんから頂いたゴミ袋をポッケから出ししゃがれた声で呼びかけましたよwwwしかしサポーターの皆様はお優しい(*´▽`*)

だって必ず皆様が「ご苦労様〜w」ってお声かけしてくださいました。ゴミ袋がマッハで満タンにwwwww

この企画に参加させて頂けたことを誇りに思います。本当に皆様、おつかれ様でしたwww

ょぅこさん


みなさんお疲れ様でした☆

手伝えたのは午後だけでしたが、この企画に参加できて良かったです。配ってる最中に、お礼の声や応援の声を沢山頂いてこの企画に参加できて良かった、と同時に本当に振ってくれるのだうか?不安でしたがアリーナが赤く染まった時のうれしさ、と同時に涙がでました。

そしてライブの感想書き込みで皆様からのお礼の声などでまた感動してしましました。

本当にこの企画に参加出来た事を生涯に忘れません。そして一生の思い出です!!!

企画協力者の皆様ありがとうございました!!

下手蓮さん


みなさん本当にお疲れ様でした!

ぇー、1時過ぎあたりから対策側の本部がわからず、物販購入後に少しjtbの方で配ってました、かずさです。

まずは、この企画の大成功おめでとうございます。

会場がどのくらい赤く染まってくれるのかと心配していましたが、赤でないほうが少ないくらいに会場が真っ赤になったとき、「ひゃっほーw」とか言っちゃいました(苦笑

泣いて感動してましたよ。なのに無駄にテンション上がってました(笑

奈々さんのブログにP.S.でコメントいただいてたことに気づいた時は嬉しかったです。奈々さんが感動してくれたことが何よりも大成功の象徴だと思います。

この企画に微力ながら協力できたことを本当に嬉しく思います。絶対に忘れられないキオクとなりました。

企画・協力者の皆様、本当にありがとうございましたっ!

かずささん


当日は何だかんだであちこち走り回っていたので、配布には参加できなかったのですが、会場までの運搬という形で企画に参加できたこと、すごくうれしいと思っています。

Justice to Believeが流れた瞬間会場全体が真っ赤に染まったときはみんなの気持ちが形になったこと、少しですが企画に携われたことで号泣しました。

今思い出しても泣きそうです。

企画に参加・賛同してくださった方々、本当にありがとうございました

にんねこさん


11時ごろになってスタッフの人が解散命令を出したときにどこに集合かがわからなくなった&いろいろと挨拶があったので、配布はできませんでした。すいません

こんな作業をしたのは高校の文化祭以来だったので懐かしかったです。

Justice to Believeが流れたときに「急いで変えねば」と自分のサイリウムを折った直後に会場全体が真っ赤に染まり、感動の嵐が私を襲いました。感激したまま精一杯赤リウムを振っていました。

今思い出しても胸がジーンとします。企画者・協力者全員に感謝します。ありがとうございました。

たこ焼き星人さん


今回の企画には、サイリウムの袋詰め作業の場所提供の段階から関わらせていただいてました。

袋詰め作業中「コレを配りきれるのだろうか」と心配になりましたが、杞憂でした。「ネットで見ました」という声を頂いた時、自分の予想以上にこの企画が広まっていたんだなと感激し、本番でいざ曲が流れた時に顔を見上げると、会場の半分どころか全体が赤く染まっていて、

「ネットの力」と、

「自分はこんな凄い企画に関われたんだ」と言う気持ち、

そして「水樹奈々ファンの温かさ」に驚きました。

あまりの凄さに背筋にゾクっとするものを感じましたw当然の如く、JtBが今回のライブの中では一番テンションが上がっていましたww

奈々さんだけでなく、その場にいた観客全ての人を感動させることのできたこの企画の手伝いができたことを光栄に思っています。

企画者の方々、私と同じような有志の協力者の方々、そしてこの企画に賛同してくれた奈々さんファンの皆様方、本当にありがとうございました。

ケットシーさん


たまさん、Mageさんを中心として、活動に参加したみなさんお疲れ様でした…ほんといい思い出になりました…またこんな企画だったらもっともっと身を削ってwwww参加したいと思います…あと奈々ちゃんのFCはいることにしました…

これからもみなさんよろしくおねがいします…

タイムショックさん


参加された皆さん本当にお疲れ様でした

当日オイラは赤リウム配布、配布状況確認、廃棄処理をやっていましたが皆さんの絶対にこの企画を成功させようと言う気迫がビンビンに伝わりました

この企画の成功は皆さんの協力、会場で赤いサイリウムを使ってくれた皆さんこの企画をやろうと立てた代表のたまくん、Mageさんのおかげです。そして皆さんが奈々ちゃんのLIVEを盛り上げたのです、誇っていいと思います。

最後に皆さんお疲れ様でした。また奈々ちゃんを盛り上げられるよう次回のLIVEでお会いしましょう

AXSさん


「アカイキオク」企画、お疲れ様でした!(=´∇`=)

午前中は赤リウムの袋詰め作業・午後から会場前で赤リウムの配布作業のお手伝いをさせていただきました。また、ウチの「Yahoo!水樹奈々トピックmixi支部」のメンバーも自発的に配布作業を手伝ってくれました(^^

最初は5000本強もの本数を本当に配りきれるのか、みんな本当に使ってくれるのか、すごく不安でした・・・でも、いざ配り始めると皆さん好意的にリウムを受け取ってくださるではありませんか!中には、自分からこちらに「サイリウムください」と声をかけてくださる方も多数いて本当に嬉しかった!

そして運命のライブ・・・

「Justice to Believe」のイントロが流れた時・・・

あの巨大な横浜アリーナのほぼ全ての席が真っ赤に染まった・・・

もう言葉になりませんでした。

ウチらは抱き合って成功を喜びました。号泣してる友達もいました。

曲が終わった直後、私は会場にいる企画者のたまさん・Mageさんに向かって「おめでとう!!!」と叫んでいました。

これは間違いなく『伝説』になるでしょう。

最後に、この企画に協力できたこと、そしてあの空間にいれたことを誇りに思います。

企画者・企画協力者、並びに当日赤リウムを持参してくれた&赤リウムを受け取ってくれた企画賛同者の方々に最高の拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。

一生の思い出をありがとうございました!!

NMA(えぬま)さん


今回の香港・台湾参加者の中ではじめてライブに行く人が多くて、当日配布を手伝う余裕がないんですが、みんなこの企画を応援したいですから、海外からカンパをして、そして当日サイリウムを300本カンパしました。

当日会場外で何度もサイリウムを配ってる有志の姿を見かけて、何度も「サイリウム持って来ました」と言って、何度も「この企画が成功しますように」と心から祈っていました。

そしてライブ…

Justice to Believeのイントロが流れ始め、自分が用意してたサイリウムを折ったら、青い光はもうほとんど消えて、会場が赤いサイリウムの海になりました。その光景を見てすごく感動しました!今思い出しても泣きそうになります。

みんなの力で一つ歴史を作りました。

この企画に協力できて、みんなと一緒にその成果を目撃できて本当に幸せだと思います。企画者・協力者・参加者の皆さま、お疲れ様でした!

最高の思い出をありがとうございました!

香港・台湾 参加者の代表:ヘイちゃんさん


皆さん当日はお疲れ様でしたm(__)m そして、たまさん、Mageさん本当にお疲れ様でしたm(__)m

本当にすばらしいライブになりました。配布している時に、貰ってくれた方から「ありがとうございます」「頑張ってください」って言われてこれは成功させるしかないと思いました。

そして、ライブが始まり「Justice to Believe」のイントロが流れ始めた瞬間アリーナが赤一色になり、自分は泣きそうになりました。

ライブ終わってから、ゴミ袋を持ち前に「企画に参加いただき、ありがとうございます」って感じでガラガラな声で大きく言ったら、周りの皆さんが「ありがとう」「お疲れ様」などと声をかけてくれました。

本当に、たまさん、Mageさんご苦労さまでした。配布された方もご苦労さまでした。

そして最後に、最高ライブをありがとうございました。

みなつ。さん


『アカイキオク』企画者のたまさん、Mageさんをはじめ、この企画に関わった皆さまお疲れさまでした。

私はライブ当日の午前中に、サイリウムのパッキングと配布を少しだけ手伝わせていただきました。

Justice to Believeでは、会場が赤色で包まれて、アリーナから見た景色は壮観でした。

本当にたくさんの方が赤リウムを振ってくれて、じ〜んときました。ずっとこの光景を眺めていました。

この企画に少しでも関われたことに、とても感謝しています。ありがとうございました。

そして、ライブに参加された皆さまにアカイキオクとしていつまでも残りますことを。

雪菜さん


ごく最初期のちょっとした意見出し、自サイトでの宣伝、サイリウム代のカンパ、サイリウムの配布、ゴミ拾いなんかをさせていただきました。

最後に残ったサイリウムを横浜アリーナの南側待機列で配っていた一団の1人です。

余り大したお手伝いもできず、主催には任せきりですみませんでした。

ライブ中いざJustice to Believeが始まると、それまで青一色だった会場が一斉に赤色に染まった様は本当に感動的で、鳥肌モノでした。センター席中央から会場をぐるりと見渡すともうほとんど赤色で、テンション上がりまくりで飛んでました。

聞くところによると最終的には配布されたサイリウムは約6000本。会場のキャパシティは1万人を越えるそうですね。

と言うことは、持参してくださった協力者の方も大変多かったと言う裏付けになりますね。

その日都内から赤いサイリウムが姿を消した、と言うのもうなづけますね。

間違いなく声優系イベント史上の伝説に残る、すばらしい企画でした。

そんな企画にわずかばかりながら助力できた事を幸せに思います。

もし次があるならばまたご協力させていただきたく思います。

皆様お疲れさまでした。

Masa(まぁさ)さん


午前中から配布を始めて、2時半くらいまでにはだいたい配り終えていたので、「本当にこれだけの数で横アリが紅く染まるんだろうか?」とか、ライブの始めから赤サイリウムを使っている人が結構いたので「JtBになったらちゃんと青を降ろしてくれるだろうか?」とやや心配していたのですが・・・

運命の「Justice to Believe」のイントロが流れた瞬間

自分自身がまさかあのタイミングで来るとは予想していなかったので、赤サイリウムを準備するのに手間取りました(^^;

ですが、鞄から取り出して、折って、振り向いた時

それまでの青と全く違う、赤く燃え上がる横アリを見て、絶叫しました!

もう、センターからスタンドまでどこを見ても赤、赤、赤!

鳥肌が立ちました。

感動しました(ToT)

あの光景を見た時の気持ちは言葉に表せません。文字通り「アカイキオク」として一生の思い出になりました。

この企画は後世に語り継がれる『伝説』となるでしょう。

そんな企画に微力ながら携われたことを嬉しく思います。

企画者のMageさん、たまさん、サイリウム準備に関わった方々、カンパ協力者のみなさん、当日配布お手伝いをしたみなさん、そしてライブ会場で赤サイリウムを振った全ての参加者のみなさん、本当にありがとうございました!

あっくんさん


たまさん、Mageさん、本当にお疲れ様&ありがとうございました。

NMAさんの「Yahoo!水樹奈々トピックmixi支部」のメンバーとして配布のお手伝いをさせていただきました。

Justice to Believeのイントロが流れ、会場が赤に染まった時、サイリウムを受け取ってくださった皆様、声かけてくださった皆様の顔が一気に甦ってきて号泣してしまいました。

呼びかけていると「あの企画ですよね?」「頑張ってください」と声をかけてくださったり、中には飴やガムまで頂いたりと、私たちだけではなく受け取ってくださった方、赤いサイリウムを使う方、皆さんの力で実現できたと思います。

LIVE終了後、センター席でサイリウムの回収していた時にスタッフがあまり会場出るように促してなかったので、スタッフの方々も配慮してくれたのかなと思ってます。

あの光景は一生忘れません。本当に素敵な想い出をありがとうございました!

そして、またどこかの会場でお会いしましょう♪

mika(ミカ)さん


『アカイキオク』に参加された皆様、本当にお疲れ様でした!

今回の企画は過去に例をみない規模のモノだったので、話を聞いたときは正直、本当にできるのかと思いました。

それでもいざ配布が始まれば、皆さん快く受け取ってくださりました。「mixiで見ましたよ!」とか、「配布頑張って下さい!」とか、自分で持ってきてくださった方もたくさんいました。配布の数は多かったですが、全く苦になりませんでした。むしろ、配りきった後はとてもわくわくした気持ちでライブに臨みました。

そしてライブ本番。自分はアリーナFブロックの最後尾という会場がとてもよく見渡せる位置にいたのですが、曲が始まった瞬間の一面の赤は本当に忘れることはないです。配布できたのは6000本だったのに、横浜アリーナのほぼ全面が赤く染まっていたのですから!

今回の企画を通して水樹奈々ファンの繋がりの強さ、人の温かさを改めて知ることができました。

この企画に関われたこと、本当に嬉しく、また誇りに思います!

最後になりましたが、主催のたまくん、Mageさん、この企画に関わった全ての皆様。本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました!

水無月さん


企画が企画だっただけに、話を聞いた当初は不安の方が大きかったですが、当日はそんな不安はどこへやら。既に配布をしていた皆さんの顔を見たら消えちゃいました!

ライブでは、私はセンターステージの近くに居たのですが、イントロが流れ出した途端、青リウムがどんどんと消え、会場が真っ赤に染まっていく様を見て圧巻し、感動しました。赤い色に包まれたあの感じは言葉には言い表せません。

なにかこう、迫り来るような迫力がありましたね。あの瞬間、会場が一体になったと思います。今でも思い出すと涙腺を刺激するくらいですから。

私個人はカンパや配布などの微々たる協力しかできませんでしたが、少しでも力になれたならうれしい限りです。

たまさん、Mageさんをはじめ、この企画に関わった皆様のほかにも、配った際に受け取り使用してくれた参加者の方々、自ら持ってきて振ってくれた方も数多く居ますし、スタッフ側も承知されていたようです。

そして奈々さん…。

皆さんにお疲れ様&ありがとうございましたと言いたいです。

こんな、つたない文章ですいませんm(__)mホントお疲れ様でした!

みんな最高だ!

PROtecTIOnさん


みんなシャッス!

今まで2002年から奈々さんのライブに参加してきましたがこんな達成感初めてでした!!

早いものであの感動からもう4日も経つんですが「Justice to Believe」を聞くたびにあの光景が蘇りジーンとしてしまいます。

ライブの時、私はアリーナAにいたんですがイントロが流れ出し、あの大きな会場が8割以上真っ赤に染まった時は感動で涙が止まりませんでした、あんなすごい企画に携われたことを誇りに思います、本当にありがとうございました!

最高の企画者と最高の有志たちにバンザイ\^o^/

ドラゴンさん

▲ 上にもどる ▲

当日配布を手伝っていただきお名前を頂戴した方々

※ コメントを頂戴した方々はこちらでは除いてあります

ゆんゆんさん/mizuneさん

▲ 上にもどる ▲

Inspire from 月の雫ぷろじぇくと

企画者:たま/Mage

▲ 上にもどる ▲